脱毛サロン 勧誘

脱毛サロン勧誘

■脱毛エステサロンの勧誘
脱毛サロンに限らずファストフードの「ポテトいかがですか?!」と同じで、残念ながら世の中から勧誘そのものはなくなりません。

個室でのカウンセリングで数人のスタッフからしつこく提案されて契約書に印鑑押すまで帰らせてもらえなかったというニュースは有名ですが、現在は法整備されているので上記のような違法行為は行われていません。
仮にこのような勧誘を行っている脱毛サロンがあればブラック企業ですから絶対に契約しないようにご注意ください。

■勧誘に流されそうな場合は?
公式サイトやパンフレットに「勧誘は致しません」と明記されている脱毛エステサロンは多数あります。
そのように明記されていないサロンではいまだにガツガツと勧誘してくるスタッフも存在します。

キャンペーン広告を見てワキ脱毛だけ希望してたのに勧誘に流されて複数コース契約で高額ローンを組んでしまったと後悔するようなことは避けたいですね。
何よりも大切なのは固い意志を持つことです。
ワキだけ脱毛したいなら他のコースを勧められてもキッパリと「ワキだけを脱毛したいので他のコースは必要ありません」と伝えられるように頑張ってください。
もし万が一、希望しない契約をしてしまった場合にはクーリングオフ制度を利用しましょう。
クーリングオフ制度を利用した場合、その脱毛サロンには通いづらい雰囲気になってしまうでしょうけれど、勧誘で嫌な思いをした脱毛サロンに通いたいと思う人は稀でしょうから、クーリングオフですっきりさせて他の優良な脱毛サロンを探すほうが賢明ですね。

■メンタルの強い人におすすめ対処法
お試しキャンペーンのはしごをして複数の脱毛サロン巡りで通常よりかなり安い料金で脱毛することができます。
1回1000円くらいから3000円くらいで本コースと同じ施術を体験できるので試さない手はありませんよね。
この方法を用いれば通常の1~2割程度でツルツル&スベスベを手に入れることも可能です。
当然、どこの脱毛サロンも本コース契約に移行したがって勧誘してきますよね。
メンタルの強い人なら語調を強めに断ることもできましょう。

「キャンペーンでの脱毛結果を見て判断しますから、あれこれ勧めてこないで頂けますか?」

何も喧嘩腰にものを言えというのではありません。
自分の意思表示をはっきりと示すことが大切だというお話です。

また、別の脱毛サロンでもお試し体験の際に勧誘されますから、同じ事を繰り返すだけです。
他人よりも得しようと思うのなら、多少の図々しさも必要というわけです。

■メンタルが弱いけど断れますか?
メンタルの弱い人は相手に気を使いすぎる傾向があります。
スタッフさんに話の主導権を握られてしまうため断るタイミングを逃してしまいそうです、
そんなメンタルの弱いあなたは、勧誘されて嫌だなと感じたら店を出てしまいましょう。
カウンセリング中なら「すみませんが、急用が出来たので失礼します」と携帯電話を握りしめて謝ってしまいましょう。
もしも、体験コースの施術中なら居眠りしているふりで無視しちゃってもOKです。
施術後に引き止められて勧誘されたら体調が悪くなって振りでもして、「また後日伺います」と帰ってきちゃってもいいんです。
嘘も方便ですから、言葉で断れないならその場から非難することが一番の対処法と割り切ってくださいね。